新社会人にオススメする3つの習慣

どうも!

DOLLY(@Ikzfm211)です。

 

4月ですね。

この時期になると、新しい生活を始める人がたくさんいます。

特に新社会人の皆さまは、劇的に変わる環境に慣れるまで苦労すると思いますが、今のタイミングだからこそ身につけてほしい3つの習慣があります。

どれも実践してよかったので、紹介したいと思います!

 

 

本を読む

「はいはい、いつものやつね(笑)」と思わないで聞いてください。

おそらく、今までいろんなタイミング・理由で「本を読む」ことを勧められてきたと思います。

小学生のときには感性を磨くため、中学生・高校生のときには読解力を鍛えるため、専門学生・大学生のときには幅広い知識を得るため。

それでは、社会人にとって「本を読む」ことのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

1.ヒントが見つかる

仕事や人付き合い、生活の中で困ったこと、何気なく浮かんだ疑問。

生きていると何かしら壁にぶち当たることがあります。

自力で乗り越えられる壁であればよいのですが、手助けがほしくなることもあるでしょう。

そんなときこそ、本を読んでみてください。

必ずしも「答え」が見つかる訳ではありませんが、「ヒント」は転がっていることは多いです。

その「ヒント」から「答え」を出せれば、問題は解決し、壁を乗り越えられます。

2.時間の余白を有効に使える

 通勤時間、昼休み、ごはんの待ち時間、恋人・友達との待ち合わせまでの時間。

1日の中に、細切れの時間はたくさんあります。

SNSやゲームなどに使うことが多いこの時間のうち、少しだけでも読書に時間にあてれば月に2,3冊本を読むことができます。

それだけで知識は増え、日常で新しい発見をすることもあります。

バンの中には、常に本を1冊は入れておくようにしてください。

3.会話の幅が広がる

小説、ビジネス書、人文書、実用書、美術書、漫画。

本のジャンルは多岐にわたり、いろんな知識を得ることができます。

最近ではそうでもないですが、漫画はあくまでも娯楽で、学びを得るためのものではないと言われたりしました。

今や、名著と呼ばれる本がマンガ版に編集されたり、人気のマンガを題材にしたビジネス書が出版されるなど、こどもだけでなく大人のためのものにもなっています。

本を読むことで得た知識は、人との会話にも役立ちます。

知っていることが多いと、それだけで会話の引き出しも多くなるからです。 

多くの人は自分が話す側に立ったとき、知らないことで話を広げれないと思います。

自分も楽しく、相手も楽しく会話をするには、話のキッカケや奥行きがあるほうが良いですよね?

実際、話していて楽しいと思える相手は、本を読む習慣がある人が多いです。

お金について考える

あと2週間もすると、初任給をもらうと思います。

その額面を見て、浮き足立つ人も大勢いるでしょう。

学生のときにもらっていたバイト代の倍近い額を手にする訳ですから、そうなっても当然のことですが、一度そのお金について考えてほしいです。

 

多くの会社でこの4月に行われているであろう「新人研修」はコストばかりかかり、会社に利益があがってはいません。

期間が短かったりそもそも研修が無いよう会社であれば、新社会人の方もすでに業務に携わっていることもありますが、この1ヶ月で会社からもらう給料以上の利益をもたらすことができる人は限られていると思います。

厳しい言い方になりますが、見合った働きはしていないのにお金をもらっているのです。

契約上、当然のことだと言えばそこまでなのですが、僕が言いたいことはそんなことではありません。

 

社会人になるまで「お金」について学ぶ機会は少ないと思います。

もちろん、大学などで経済学や経営学を学んだ人もいるでしょうが、生活と紐付いたものとしての「お金」について深く考えたことがあるという人と出会ったことはほとんどありません。

それは、学生までは親に面倒をみてもらうことが多く、生きるために「お金」と向き合う必要がないからだと思います。

しかし、社会人になった今、自分の生活は自分で面倒をみるステージに入っているのです。

生活をするためにどれだけのお金が必要で、趣味や友達との交際にどれくらい使い、将来を考えたときの貯蓄がいくら欲しいのか。

「お金」との付き合いは死ぬまで続くので、真剣に向き合うのは少しでも早い方がよいです。

たとえ実家に住んでいたとしてもです。むしろ、実家に住んでいる場合、意識的にお金のことを考えないと、好きなように好きなだけ使う癖がつきやすいです。

一度、身に付いた金銭感覚はなかなか変えることができないので、社会人になった今の時期だからこそ「お金」について考えてください。

ブログを見る

本格的に習慣化したのは今年に入ってからなので、まだ3ヶ月程度ですが、最近は毎日だれかのブログを見ています。

毎日ブログを見ていても飽きないのは、ひとつとして同じブログが存在しないからです。

当たり前のことですが、書いている人が違うので内容も違えば文体も違い、その背景にあるものも人それぞれなんです。

だからこそ面白い!

いろんな人の生き様やそこから滲み出てくる人間性を覗けるのがブログの醍醐味だと思っています。

 

また、ブログは自分と向き合うための装置としても使えるのです。

よく顔を合わせる家族や友人、職場の人たちというのは、自分と似た環境で生活しているので、そこで行われる会話には刺激より安心感を求めているような気がします。

ブログを見て多様な価値観に触れる中で、どのような考えに共感を覚えるのか、逆にイヤな気持ちになるのかを知ることができ、新たな自分の一面を知ることもあります。

 

単純に面白いものや考えさせられるもの、生活に役立つ知恵からお得な情報まで、本当にいろんなブログがあるので、是非ともブログを見ることを習慣にしてほしいです。

習慣というより趣味に近くなり、気づいたら時間が経っていることが多々あるので、ハマり過ぎにはご注意ください。

新しい環境での生活を楽しもう

「本を読む」、「お金について考える」、「ブログを見る」の3つの習慣は本当にオススメです。

新年度も2週間が過ぎ、新生活に少しは慣れてきていると思います。

本格的に会社の業務に携わっていく時期になると、新しいことを始めることが億劫になってくるので、気持ち的にも余裕ができた今だからこそ取り組んでみてください。

また、この3つの習慣以外にも自分がやりたいことや友人・同期にオススメされたことなどを積極的にやってみて、新しい環境での生活を楽しんでほしいと思います。

 

 

 

それでは、また。