読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

361°の砂漠

その気になればね、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ

「ブクマ!」はインストール必須の読書ツール

どうも!

DOLLY(@Ikzfm211)です。

 

快適な読書ライフのための素晴らしいツールを見つけました。

その名も「ブクマ!」

利用を始めてから約1ヶ月経ったのですが、書店やAmazonの利用頻度が減りました。

リアル書店が大好きで、外出すると必ずと言っていいほど書店に立ち寄るんですが、そんな僕がどっぷりハマってしまったので、紹介したいと思います。

 

 

「ブクマ!」ってなに?

「ブクマ!」は、株式会社Labitが提供する本専用のフリマアプリ。

2016年8月のリリース以降、利用者や出品数も順調に拡大しているようで、ますます注目を集めるサービスになっていくと思います。

 

ジャンルを問わずいろんな書籍を取り扱っているので、あなたが探している本はほぼ100%見つかります。

雑誌や漫画はもちろんのこと、洋書までカバーしているので、欲しい本をネットで買う場合は、Amazonよりも先に「ブクマ!」で探すようになりました。

「ブクマ!」の4つの特徴

公式サイトには、このアプリの4つの特徴が書かれています。

最短10秒で出品!
チャット形式でサクサクやりとり
学生にもぴったり!
安く買える!高く売れる!

もう説明が要らないほどにまとめられています。

この4つの特徴が「ブクマ!」の全てだと思うのですが、実際に利用してみて感じたのは、このサービスの便利さが「3つの軽さ」によって実現されていることです。

最大の特徴は「出品の手軽さ」

みなさん一度は、本の裏側にあるバーコードを見たことがあるでしょう。

「978」から始まる番号はISBNと呼ばれ、本の識別のために割り当てられている番号です。

2段に分かれている上段部はISBNに対応したバーコードとなっており、これを読み取ることで、本のタイトル・著者・出版社などの情報が自動で入力されるため、簡単に出品することができます。

あとは、下記の項目を入力するだけです。

①販売価格
②商品の状態
③コメント
④発送元の地域
⑤発送方法
⑥発送までの日程

 ④~⑥については、前回の出品時と同じ情報があらかじめ入力されているので、特に変更がない場合は入力の必要もありません。

5冊も出品するとすぐに慣れるので、「最短10秒で出品!」も嘘ではないと実感できます。

「ここまで簡単でいいのかな、、、」と思ってしまうくらいの手軽さが最大の売りだと思います!

ストレスフリーに利用できる「軽快な動作性・操作性」

通信環境さえ整っていれば、ストレスを感じることもありません。

更新はすぐに行われるので、アプリを起動すると最新の出品情報を確認することができます。

また、利用中であっても最上部までスクロールすることで出品情報が更新されます。

この操作は、Twitterで最新のツイートを確認するときと同じ方法なので、全く違和感なく行えるはずです。

 

取引相手とのやりとりはチャット形式で行います。

あなたがよく使っているLINEから、スタンプと既読機能をなくした仕様になっていると思ってもらえばよいです。

もちろん操作性もよいので、やりとりもスムーズに行えます。

ネットオークションや他のフリマアプリを利用したことがない人からすると、取引相手とのやりとりを面倒に感じると思います。

僕も他のサービスを利用したことがなかったので、この点を心配していたのですが、「ブクマ!」においては無駄な心配でした。

興味のある本を「気軽に買える」

特徴のひとつに「学生にもぴったり!」とあり、公式サイトでは次のように書かれています。

1年間しか使わないピカピカの教科書、家に眠っていませんか?

ブクマ!で日本中の学生たちとシェアしよう!

 たしかに「学生にもぴったり!」というのは合っている思いますが、僕はこの特徴を違う理由から考えています。

 

その理由は、もうひとつの特徴である「安く買える!高く売れる!」にあります。

「ブクマ!」は、本のC to C サービスのためのアプリです。

一般的な古本の流通の「売りたい人」→「仲介業者」→「買いたい人」ではなく、「売りたい人」→「買いたい人」に直接つなげてしまうサービスということですね。

この違いで何が変わるのかというと、仲介業者(古本屋など)を経由するときに発生してしまうコストが要らなくなります。

その不要になったコスト分、「売りたい人」も「買いたい人」も得をすることができます。

 

僕がたまに利用する古本屋を例に、具体的に説明すると、、、

定価が1500円程度の最新刊や話題の本などを買い取りしてもらうと、大体300円くらい、よくても400円くらいの金額になります。

その買い取りされた本は、1000円くらいの値札をつけて書棚に並べられます。

つまり、約700円は古本屋の売り上げになるということです。

もし、同じ本の売買のやりとりを直接行い、500円でお互いが納得できれば、「売りたい人」は200円高く売れ、「買いたい人」は500円も安く買えます。

ふたりともお得になるので、お互いにハッピーですね!

 

古本屋の良いところは、実際に商品の状態を目で見て、確認できるという点です。

商品の状態が多少悪くても、納得したうえで購入できるというのは、中古品を取り扱う商売ではとても大切なことだと思います。

ちなみに、現物を確認できるのは手元に商品が届いてからになりますが、「ブクマ!」では、もし購入前に商品の状態を確認したければ、取引相手とのやりとりのページで写真を送ってもらうこともできます。

 

相場よりも安く本を買えるいう点は、遊びや趣味のためにお金を使いたい学生には、すごくメリットになるのではないでしょうか?

もちろん、社会人にとっても同じですね。

読書習慣がない人にとって、本を買うお金というのはすごく高く感じると思います。

僕が本を読むようになったのは大学生になってからですが、限られたバイト代の中から、生活費や欲しい服を買うお金、飲み会・遊びのための交際費、旅行の貯金など、いろんなことにお金を使っていたので、当時は読みたい本があっても我慢していました。

僕が学生の頃から、「ブクマ!」があればよかったなぁとしみじみと思います。

快適な読書ライフを手に入れよう

すでによく本を読んでいる人にとっても、これから読書習慣を身につけたいと思っている人にとっても、自信を持ってオススメできるサービスです!

愛読書は別ですが、なかなか何十冊もの本を繰り返し読む人は少ないと思います。

あなたの本棚に眠っている本は、だれかが読みたいと思っている一冊です。

出品した本の売り上げで新しい本を買えば、また新たな感動や知識で出会えるかもしれません。

興味が湧いた方は、今すぐインストールしましょう!

そこには快適な読書ライフが待っているはずです。

是非とも、「ブクマ!」を利用して素敵な本と出会ってください。

 

そして、最後にひとつお得な情報を!

これから「ブクマ!」を利用される方であれば、最初に会員登録が必要です。

その際に、任意で入力できる招待コードを使うと、3ヶ月間有効なポイント300円分をもらうことができるので、オススメです。

周りのともだちや、お気に入りのブロガーさんに利用者がいれば、招待コードを教えてもらってください。

その相手にも300ポイントが付与されるので、お互いにお得ですね。

僕の招待コードも、下記に記載しておきますのでご自由にお使いください。

ラッキーを分けてもらえて、少し幸せな気持ちになれます!笑

 

招待コード『ED943』

 

 

 

それでは、また。